パチマガスロマガじゃんじゃん

マクオス東戸塚店

神奈川県横浜市戸塚区

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このホールと友達になる

    友だち追加
    住所 神奈川県横浜市戸塚区品濃町541
    アクセス JR東戸塚駅東口から徒歩1分
    遊技金額
    • 1000円/47枚スロ:

      225台

    営業時間 9:00〜22:40(※日曜日、連休最終日等は21:45まで)
    入場ルール 朝8:40までに並んだ先着225名様を対象に抽選(割り込み等防止の為8:35より抽選参加券配布)/会員優先ナシ
    台数
    • スロット:

      225台

    定休日 年中無休
    駐車場 100台
    電話番号 045-821-7995
    特徴  
  • このホールの取材予定はありません。

  • 2019/8/15(木)
    【超インパクト×4】新台『パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『パチスロ 天元突破グレンラガン』や『押忍!サラリーマン番長』など旧基準機も絶好調!

    突撃回胴取材や収録でもお馴染みのホールへ突撃!

    15日は、いつものようにトニーと編集部最寄りの飯田橋駅から電車を乗り継ぎ東戸塚駅へ。
    今日も『Re:ゼロから始める異世界生活』かな〜なんて思いながら、18時頃に入店&取材!

    ↓↓↓
    マクオス東戸塚店の超インパクト取材はいつも、機種単位で盛り上がっているコーナーが複数あります。そして、その傾向は下の通りです。

    ●『Re:ゼロから始める異世界生活』がズバ抜けて強い
    ●ジャグラーシリーズのどこかに塊がある
    ●2台、3台の少数設置機種にもチャンスあり

    これは超インパクト取材が始まった月から変わっていないのですが、入店して驚きました。なんと、スバ抜けて強かった『Re:ゼロから始める異世界生活』に数台の空台を見つけたのです。「リゼロの伝説が終わった…」そのとき、本気で僕はそう思いました。ただ、各台を見てみると夕方6時の時点でAT初当りが15回の台を筆頭に、AT初当りが10回近い台も複数あり。増台して台数が多くなりましたが、しっかりと優秀台が使われていて、なんだか安心しちゃいましたよ。
    抽選人数

    118人

    ピックアップ機種のトータルpt

    +35,888pt

    1台あたりの平均pt

    +1,794pt

    押忍!サラリーマン番長
    ピックアップ機種@ 1ptゲット
    全7台中5台がプラス!
    平均pt 1,076pt
    平均ゲーム数 7,578G
    平均機械割 105.9%
    パチスロ黄門ちゃま喝
    ピックアップ機種A
    全4台中3台がプラス!
    平均pt 669pt
    平均ゲーム数 7,594G
    平均機械割 101.4%
    スーパーミラクルジャグラー
    ピックアップ機種B 1ptゲット
    全5台中4台がプラス!
    平均pt 1,965pt
    平均ゲーム数 7,894G
    平均機械割 108.3%
    パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
    ピックアップ機種C 1ptゲット
    全2台がプラス!
    平均pt 4,292pt
    平均ゲーム数 10,275G
    平均機械割 113.9%
    パチスロ 天元突破グレンラガン
    ピックアップ機種D 1ptゲット
    全2台がプラス!
    平均pt 3,635pt
    平均ゲーム数 10,271G
    平均機械割 111.8%

    スロマガ超インパクト取材まとめ

    ホール内に複数の塊あり!

    『Re:ゼロから始める異世界生活』にばかり注目しちゃいましたが、これまでの傾向はしっかり継承されており、ジャグラーシリーズからは『スーパーミラクルジャグラー』、少数設置機種では『パチスロ 天元突破グレンラガン』と『パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が強かったです。あと5号機だと、『押忍!サラリーマン番長』と『パチスロ黄門ちゃま喝』が怪しかったかと。

    あとはそうそう、前回のレポートでお伝えしたのですが、先月は『ハナビ通』で設定Hを確認したので、「もしかしたら…」と期待して見たところ、今回は違いましたね。ただ、そこはマクオス東戸塚店、設定Hの代わりと言わんばかりに、今度は『バンバンクロス』の設定CまたはC+を使ってた模様。
    しかも、過去の履歴もずっとCまたはC+だったので、超インパクト取材はもちろん強いのですが、個人的にはこの『バンバンクロス』への溺愛がどこまで続くかも気になります。
    ※数値等はパチマガスロマガスタッフが独自に調査したものです。
    その他の取材結果